泡について

 

洗顔するとき、皆さんは泡立てネットを使って泡立てていますか?

 

 

それとも、手のひらで泡立てていますか?

 

 

どちらだとしても、”まあとりあえず泡が立てばいいや”というのはよくないです。

 

 

その泡の状態が大切です。

 

 

泡の粒、一つ一つがきめ細かい泡になっていますか?

 

 

生クリームのように、泡の粒が見えないくらいまできめ細かくなっているとすばらしいです。

 

 

人の肌はデリケートなので、洗顔の泡によっても傷つきます。

 

 

粒の粗い泡は、毛穴の汚れもきれいにやさしく洗うことができません。

 

 

粗い泡が肌に触れることで、肌にダメージを与えてしまうのです。

 

 

上記と同じことがシャンプーでも起こります。

 

 

粗い泡でゴシゴシあらうことが、髪にダメージを与えてしまうのです。

 

 

シャンプーの泡がきめ細かいほど、地肌と髪に負担をかけずに洗えます。

 

 

きめ細かい泡で包み込むことで、髪の毛同士の摩擦も軽減できるのです。

 

 

アウロラで取り扱っているメーカーは、シャンプーの泡にもこだわっています。

 

 

限りなくなめらかな泡が立つようにシャンプーも作られていますので、クリーミーな泡を、ぜひ味わっていただければと思います。

 

 

 

 

s-joshua-stannard-151256