ロングにしたいけどいつも途中で切ってしまうひとへ

 

髪を伸ばす途中というのはなんだか中途半端で嫌ですよね。

はねるし・・・。

 

 

はねるから、やっぱり切ってしまおう。

そんな感じでいつも肩より長くすることができないひとへ。

 

 

でも、中途半端な長さだから出せる雰囲気もあるのです。

 

 

肩にあたってはねてしまうなら、はねても不自然でないヘアスタイルにするのはいかがでしょうか?

 

 

大きめのうねるようなウェーブパーマをかけてみたり・・・。

毛先がラフに動くようなパーマをかけてみたり・・・。

 

 

「パーマなんてかけたことないし、絶対に似合わないと思う。」

 

 

大丈夫です。

 

 

顔の雰囲気によっては、パーマが似合わないひとも実際にいます。

 

 

しかし、それは髪全体にパーマをかけてしまっている場合です。

 

 

なにがなんでも全部の髪にパーマをかけるのが正解なわけではありません。

 

 

パーマをかけるときは、そのヘアスタイルのなかで、〈そのひとらしい部分〉をどのくらい残すかが大切です。

 

 

〈そのひとらしい部分〉とは、そのひとがもともと持っている髪質のことです。

 

 

髪質を生かしつつパーマをかけることで、〈私っぽさがあるのにいつもと違うヘアスタイル〉ができあがります。

 

 

伸ばす過程の、中途半端な時期のパーマはとてもおすすめです。

 

 

 

 

s-jay-basha-389524